アミノ酸について

生命の源”アミノ酸” 人間の体はわずか20種類のアミノ酸でできている。

アミノ酸は太古の時代から人間に欠かせない栄養成分として活用されてきました。
現在までに500種類ほど確認されていますが、このうち人間の体をつくっているアミノ酸は主に20種類です。
筋肉、骨、脳、内蔵、中枢神経、血液、皮膚、毛髪、爪、ホルモン、酸素、DNAなど、人体を構成するもの、つまりは設計図であるDNAから細胞のひとつひとつにいたるまで、全てアミノ酸が結合した、たんぱく質によってつくられています。
細胞だけでも毎日約1兆個が新しくつくられ、、原料となるアミノ酸(体内で合成されない9種類の必須アミノ酸を含む)が相当数必要であり、アミノ酸がなければ、私達は生きていくことができないのです。